店頭ののぼりと店内のイメージを統一する方法は?

のぼりの制作で失敗する人・成功する人の差!

店頭ののぼりと店内を連動させることは販促プランの基本。特設コーナーの設置、横断幕・懸垂幕、ミニのぼりやファンクションでの連動を提案します。

のぼりの制作で失敗する人・成功する人の差!のメイン画像

店頭ののぼりと店内のイメージを統一する方法は?

店頭ののぼりと店内を連動させることは非常に大事です。

効果をアップする方法は3つあります。

どのようなことなのか具体的にお話ししましょう。

◎気になるニュース:ポール、初の両国国技館ライブ 場外には名前入りののぼり旗 - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)

■店頭との連動をより効果的にする3つの方法。

店頭ののぼりが理想通りに出来上がっても、店内に入ったときに、それがどこのコーナーにあるのか分らなければ、お客さんは迷ったまま帰ってしまいます。

せっかくのぼりで購入動機を作ったのにもったいないことです。

店頭のぼりと店内の連動策は3つあります。

まず入り口を入った正面に特設コーナーを作ること。

2つめはのぼりのタイトルや色をそのまま使って、ファンクションPOPやミニのぼりをコーナーにも設置することです。

■特設コーナーが無理なら横断幕や垂れ幕で。

スペースなどの都合で正面に特設コーナーを作れない場合は、壁面に横断幕や垂れ幕のスタイルで、のぼりと同じデザインのものを作成して貼り出しましょう。

お客さんの足が止まらないように、直行できることを前提にします。

のぼりとの連動は、デザインや文言を同じにすればいいだけなので苦労はありません。

むしろ店内のレイアウト、特設の演出がキモになります。

■のぼり旗専門店に行けば、ミニのぼりなどのデザインサンプルがあります。

同時に発注しておきましょう。

店頭のぼりの文言と色の希望、だいたいのデザインがまとまったら、それをのぼり専門店に持参しましょう、横断幕・ミニのぼりやファンクションなどは、専門店のほうでリサイズして作ってくれます。

デザイン料は無料のところが多いです。

Google
www を検索 のぼりの制作で失敗する人・成功する人の差!を検索
(C) www.vegrains.org. All Rights Reserved.